ダンサーと結婚したせいで苦労が絶えない

ダンサーと結婚したせいで苦労が絶えない

ダンサー、と言うと華やかなイメージがあるだろう。

しかし、その実態は決して楽ではない。

ダンサーの報酬は、基本的にギャラで払われる。

その値段は正規でも1ステージ3万円ほどで、バックダンサーとなると一日に6000円から一万円もらえればいいほうだ。

コース紹介|東京スクールオブミュージック専門学校

ミュージカルのステージに立つ場合は公演期間分のみにギャラが出るが、主役級以外では1公演100万円以下だという。

よってダンサーの多くが、ダンス講師やインストラクター、振付師、もしくは全く別の仕事をしながらステージに立っている。

ゴールデンボンバー「Dance My Generation」FULL PV【GOLDEN BOMBER】 - YouTube

日本でダンサーだけで食べていくのはとても厳しく、かなり名の知れたダンサーでも副業を持っているのが普通だ。

しかしダンスは、現場から離れれば離れただけ差が付く世界。

副業をこなしながらも自分のレッスンは怠ることができず、両立のバランスが難しい。

ダンススクール 仙台

また、体が資本の仕事のため、常に人一倍健康管理と体力維持に気を遣わなければならず、その費用もばかにならない。

売れっ子の振付師になったりCM出演をしたりして何千万単位の報酬を得るダンサーもいるにはいるが、ごくごく一握り。

夢を追うのは素敵なことだが、ダンサーを生涯の伴侶に選ぶ場合には、金銭的・精神的な苦労は覚悟しておいた方がいいだろう。