給料が月20万円なのにフェラーリに乗っている友人

給料が月20万円なのにフェラーリに乗っている友人

数ある高級車の中でもそのデザイン性の高さから多くの著名人や富豪が好んで愛用するフェラーリ。このフェラーリはイタリアの自動車会社であるため、それだけの高度なデザインを誇っているのも納得できることでしょう。

建設廃棄物再資源化施設の検索方法等|東京都環境局?廃棄物と資源循環

それだけ人気のある自動車であることに加えて外国産の高級車でありますから、その値段も破格の額なものが多く、平均してみても2000万円台後半から3000万円台ものもであるのです。下手すれば土地付きで家が購入できてしまうような価格のフェラーリですから、そうそう庶民が手を出すことができない車であることが分かることだと思います。しかし、給料が月20万円なのにフェラーリに乗っている友人がいるのです。

Lenovo PCおよび小形充電式電池の回収・再資源化実績について -Japan

月に20万円の給料は捉え方にもよりますがそれほど高い給料では無いことがすぐに分かると思います。特に高級車など自由に購入なんてできる余裕が無いのは一目瞭然です。そんな給料でも、友人はフェラーリへの執着と愛情を捨て切ることができずにとうとう購入してしまいました。当然、それだけの給料しかもらっていないわけですからフェラーリの購入資金である最低2000万円のラインは自分の力だけで到達することはできませんので、銀行でお金を借りて購入するという方法を選んだようです。

廃車

ただその支払いに月給の大部分を割きますから、「もう家を買うのは諦めた」と常に言っています。友人にとってはそれほどまでしてフェラーリに乗ることはとても大切なことであり、私も友人を傍から見ているとカッコイイ車に乗れる幸せを羨ましく思う時は確かにあります。やっぱり男にとって全てを投げ打ってもフェラーリに乗ることは重要なことなのでしょうね。