びっくり、お見合い相手は元彼だった

びっくり、お見合い相手は元彼だった

彼氏が結婚について全然煮え切らないので、親が勧めるお見合いを彼氏へのあてつけとして受けることにした。成人式の時に作って1度しか着ていない晴れ着を着れるし、美味しいお料理も食べられる。OL仲間にも面白おかしくお見合いの話をできると思ったからだ。

プロポーズ ギフト/プレゼント [ 2-U ]

場所は東京目黒の目黒雅叙園。両親が結婚式を挙げたホテルだ。和洋折衷といった感じのこじんまりとしたホテルで、ブライダル事業にも力を入れているらしい。ウェディングのカウンターだろうか、無人のカウンターの後ろに貼られた特大のポスターの、着物を着た外人風のモデルさんに見覚えがあると思ったら、EXILEのプロモーションビデオに出ていた人だ。なかなか凝っていると思い好感度があがった。そんな感じで全く緊張などしておらず、この後どんなお料理を食べられるか、お見合い相手はどんな感じなのか、楽しみだけが先行していた。



ところが事態は一変した。なんとびっくり、お見合い相手は元彼だったのだ。お見合い写真はちらっと見て、それほど悪くないルックスであることを確認しただけでじっくりは見ていなかった。また、髪を横わけにしていかにもまじめそうな人柄に映っていたので気が付かなかったのだ。大学1年から2年の8か月くらいだが、つきあっていて私からふった元彼だったのだ。相手は私と知っていたのだろうか。表情を見ていてわかった。知っていたのだ。昔振られた女だとわかっていて、お見合いの話を受けたのだ。

一迅社WEB | 一迅社文庫アイリス 白竜の花嫁

嫌だ、気持ち悪い。いったいどんな企みを持っているのだろうか。まさか今でも私のことが好きなんて言われたくないし信じたくない。さっきまでは面白半分だったお見合いが、急に恐ろしい空間に変わった。