高級優遇に魅かれて入ったのに給料が安すぎでむかつく

高級優遇に魅かれて入ったのに給料が安すぎでむかつく

世の中はそうそう甘くはありません。あなたが自身の能力に自信をもっていて、尚かつ周囲もそれを認めるのにやぶさかでない状態であったのならば、誰かがあなたの行動を止めてくれたのではないでしょうか。



いわゆる、「ブラック企業」と呼ばれている会社でも、高級優遇をうたって、人を集めようとしています。いえ、むしろそうしなければ、従業員を確保できない状態なのでしょう。何度も述べているように、現在の社会情勢に鑑みれば、軽々しく転職をおこなうべきではないのです。もし、転職したいと考えたのであれば、転職先の企業について、十分過ぎるほどに調べなければなりません。そもそもこのご時世で、新入社員に対して、高級優遇で迎えてくれる企業など、ほとんどないのが現実なのです。

弁護士による障害者の労働相談 ? 働く障害者の弁護団

そうはいうものの、がっかりするのはまだ早いでしょう。確かにその会社は、あなたが期待していたような「高級優遇」ではなかったかもしれません。

大阪の病児保育・病後児保育 NPOノーベル ≫ 「働く!!おかん図鑑」先輩おかんのノウハウ事例冊子 | 大阪の病児保育病後児保育 NPOノーベル

しかし、その職場で経験を積み、実績を残していけば、おのずと「高級優遇」になっていく可能性は十分にあると思います。会社としても、実力のわからない人間に、最初から高い給与を支払うことができないのは、ある意味当然だと思いませんか。給与というのは上げるのは簡単でも、「下げる」というのはとても難しいのが日本社会なのです。あなたの悔しい思いを仕事にぶつけて、実績を積み重ねてやりましょう。あなたがその会社にとって必要な人間になったとき、おそらく「高給優遇」な状態になっているのではないでしょうか。